bBの買取価格・下取りの相場とは

bB

コンパクトカーとして、特に若い世代から絶大な支持を得ている「トヨタ bB」。

自分好みにカスタムして乗るファンも多く、中古車市場でも高い人気があります。それもそのはず、bBはそもそも改造することを前提として発売された車です。

bBの標準エクステリアのみでも楽しめますが、カスタムすることで、さらに魅力的な車へと生まれ変わらせることができます。

今回は、そんなbBの特徴や買取価格の相場をご紹介します。

※文中の買取・査定額表示はすべて2018年10月時点のものになります

売りに出す前に、買取価格や相場を知ることが大切

初代モデルは2000年に発売されましたが、その箱型のボディの広い室内や車体前後の見切り良さで、若い世代だけなく幅広い世代から人気を得ました。

アメリカンスタイルな初代から2代目モデルへと変更されたのは2005年で、それから2016年まで販売されました。現在は製造・販売されていないものの、個性的な背の高いデザインに、bB専用のインテリアなど、独自の魅力でまだまだ若い世代を魅了しています。

もし今bBを売りに出そうと考えているなら、中古市場での相場を知っておくようにしましょう。

bBで最も人気なのは「Z煌(きらめき)」

bBは、S、Z、S煌(きらめき)、Z煌(きらめき)の4つのグレードに分けることができます。

その中で、最上位のグレードであるZ煌は中古車市場でも大変人気のあるグレードです。

Zの装備がベースとなり、内外装はよりスポーティさを演出したデザインとなっていること、さらに1.5リットルエンジンで走行性能が優れていることなどが人気の理由でしょう。

S煌も買取相場は高い水準を維持していますので、年式が古くても高値が付くことが期待できますが、やはりZ煌のほうが中古車市場での需要は高くなっていますので、買取相場も高めです。

年式が古い場合でも、ZエアロGパッケージ、Z・Lパッケージ、Zエアロパッケージなどはコンディションに悪い部分がなければ比較的高値が付くことが期待できます。

同じbBでもオプションカラーなら査定価格アップ!

高値買取が期待できるカラーは、ホワイト、ブラックマイカメタリック、ブルーイッシュホワイトパールマイカです。bBのカラーは他の車種よりバラエティに富んだイメージを持つ方も多いでしょうが、やはりこの鉄板と言える3色は他の車体色よりやや高値が付く傾向が見られます。

特にオプションカラーのブルーイッシュホワイトパールマイカなら、査定価格にプラスに働く可能性が高いでしょう。

なお、カーナビやアルミホイール、純正エアロパーツなどは査定の時にプラスになる部分ですが、アルミホイールとエアロパーツは社外品を装備していると査定額が下がる可能性があります。カスタムを楽しむ車だけに、純正品が装備されているかを確認しておきましょう。

bBの買取価格・下取りの相場は「時価」

これまで車を買い替える時には、ディーラーに下取りしてもらったという経験がある方もいるでしょう。

その時、ディーラーから提示された下取り金額で満足していましたか?

もし納得できない金額だったという場合、買取店に査定を依頼してみましょう。ディーラーから提示された下取り価格より、高い価格でbBを売ることができます。

中古車は「時価」で査定されますので、1日でも早いほうが高い価格が付きやすいのも事実です。もし今bBを高値で売りたいと考えているなら、まずは、無料査定を気軽に試してみてはいかがでしょう。

bB
   

車買取革命とは?

あなたの愛車が最高額で売れる、おすすめの買取会社を1社だけ紹介するサービスです。
複数社からのしつこい営業電話、嫌ではないですか?44秒で査定依頼が完了します。

車買取革命のメリット

  • メリット
    1
    電話は1社のみ

    複数の買取会社から連絡が来ることはありません。より良い1社を紹介します。

  • メリット
    2
    あなたの愛車に対して
    最高額の買取会社を紹介します

    「車買取革命」では、手間が少なく良い条件で買ってくれる買取会社を紹介します。

トップへ戻る