車を売るときの必要書類と取得方法

まずは一般的な買取店で車を売るために必要なものを見てみましょう。

自動車検査証

自賠責保険証

自動車税納税証明書

リサイクル券

印鑑証明書

実印

このほかに売却手続きの際には委任状、譲渡証明書などが必要ですが、これらは買取店が用意するため、ご自身での準備は不要です。

次に、書類ごとの詳細と取得方法です。

・自動車検査証の取得方法

いわゆる車検証です。こちらの内容とお車の状態をもとに、査定士が査定額を算出します。ダッシュボードに入れている人が多いです。

・自賠責保険証の取得方法

加入が義務付けられている自賠責保険の証書です。車検のときに更新していくので、たいてい車検証と一緒に保管されています。

・自動車税納税証明書の取得方法

毎年5月頃、自動車税を納めたときにもらう納税証明書です。軽自動車の場合は軽自動車税納税証明書といいます。小さな紙きれな状のもので、車検証のファイルなどに入れている人が多いです。

・リサイクル券の取得方法

リサイクル券はリサイクル料金を支払っている証明としてディーラーが発行する用紙です。

2005年以降、新車を購入すると、料金の中には車を廃車にするときの解体やリサイクル処理のための「リサイクル料金」が含まれています。

2005年より前に購入した場合は、2005年以降の車検時に支払ってリサイクル券を受け取っています。

・印鑑証明書と実印

売却契約のときに使用する実印の登録と印鑑証明書が必要です。

軽自動車を売却する場合は認印が使えます。そのため印鑑証明と実印は必要ありません。

車を売るときの必要書類と取得方法

車を売るときの必要書類と取得方法」への1件のフィードバック

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントは受け付けていません。

トップへ戻る