気をつけたい、愛車を売る際のトラブル3選

車査定において気をつけたいのがトラブルです。査定金額が後から変わることもありますので、事前に把握し対策をしましょう。

①売却のキャンセル・解約

車を売るつもりであっても、急遽事情が変わり、売却のキャンセルをしないといけないケースは多いです。

しかし、契約後は売却をキャンセルできずトラブルに発展することはよくあります。車の売買契約ではクーリングオフが使えないため、売却を決めていないのであれば、必ず契約は避けるべきです。

また、キャンセルができる場合は業者に損失を伴うため、売り手に違約金が発生します。

これらを踏まえて、ご契約の際は慎重にご決断しましょう。

②査定会社による強引な買取営業

車を売ったことがある人の中で、査定員による強引な営業や、時には嘘を使ってまで買い取られるなどのご経験がある方は少なくないと思います。

車査定の営業マンにはノルマが課されている場合も多く、競合他社にお客様をとられないよう、あの手この手を使って自社で買い取ろうとします。

そのため、どこの査定会社が良いのかわからないので一括査定を利用するケースが増えておりますが、注意が必要です。なぜなら、それらのプロの営業マンを何人も相手にしないといけないからです。車を直接見てもらうために何時間も何日も時間を作ったとしても、売値が上がるか分からないため、それら労力や時間を考慮してご判断しましょう。

③査定額と異なる買取額

査定額提示後の修復歴の発覚、走行距離の改ざんの発覚などを理由に、査定額を減額するケースが多々ございます。

また、査定日から日が経ったため、買取額を減額されるといったケースもあります。

この場合の対処法としては、提示された査定額がいつまで補償されるかを確認し、損をしないように気をつけましょう。

気をつけたい、愛車を売る際のトラブル3選
トップへ戻る