「下取り」と「買取」の違い

まずはそれぞれの意味を簡単にご説明します。

下取り…車を買い換える際、車を購入する販売店で売って、購入する車の代金の一部として充てること

買取…買取業者などに車を売って現金を得ること

両者の大きな違いは、現金を受け取れるか否かということです。下取りの場合は新しく買う車の購入金額の減額、買取の場合は一旦売値がそのまま手元に入るので、その使い道は自由です。

「下取り」と「買取」のメリット・デメリット

【下取りのメリット】

・売買を一店舗ですますことができますので時間効率や書類手続きが一番少なく済みます

・購入する車の納期が遅いときは下取り時期を延ばしてもらえます

【下取りのデメリット】

・他の買取店で高い査定額がついても購入するお店で下取り額をその金額まで上げてくれることはほとんどありません

・中古車専門店に比べると安く査定されてしまう場合があります

【買取のメリット】

・一般的に、下取りより金額が高いといわれてます

・査定を行ってもらい、複数の店舗から一番高く買い取ってくれるお店を選ぶことができます

【買取のデメリット】

・新しい車を買う場合、タイミングを合わすことが難しくなります

・書類手続きが下取りに比べて多くなるので手間と時間がかかります

「下取り」と「買取」のどちらがお得?

 下取りと買取の違いも分かり、メリットとデメリットを知ることができました。次は「結局お得なのはどっち?」という疑問に対して3つのポイントを紹介します。

・どこのメーカーに出すかで大きく変わる

 例えば、トヨタ社メーカーの車を下取りするのならトヨタ車を取り扱っているお店にすると中古車専門と同じかそれ以上の値段をつけてくれる場合があります。

・流通経路を持っているかどうか

 全国に支店をもつお店は流通経路も大きいので高く買取ってくれる可能性があります

・社外品パーツの有無

 購入時に搭載されていたメーカー純正のパーツではなく、あとから好みでつけたパーツのことです。こちらは下取り業者の場合は査定対象外となり、買取業者は高く買い取ってくれる可能性があります

 同じ車種でも購入時期やパーツの有無、走行距離によって販売店それぞれ違いがあります。

今回ご紹介したポイントを思い出して「下取り」か「買取」を選ぶようにしてください。

「下取り」と「買取」の違い
トップへ戻る